体育協会について

スポーツは世界共通の人類の文化であるとのスポーツ基本法の精神に則り、スポーツ振興及び広報の拡充並びに財政基盤の確立を3本の柱として、公益法人としての健全な運営を行いながら、スポーツを通じて地域コミュニティーの充実した元気で明るいまちづくりに寄与することを目的とした幅広い事業を展開し、運営を行っております。

会長より あいさつ

平成28年度の事業も無事に終了し、平成29年度を迎えることができました。これもひとえに各競技協会、地区体育振興会、レクリエーション協会、スポーツ少年団、広域スポーツクラブ等各スポーツ団体の皆様のご協力のおかげと感謝申し上げる次第です。

さて、平成29年4月に城山陸上競技場がリニューアルオープンしました。陸上競技がメインですが、ラグビー、サッカー等他の競技も行えるように多目的化したものです。多くの市民の皆様に競技場を使っていただき、スポーツに親しんでもらえるスポーツの中心施設となるようにとの思いを聞いていますので、体育協会としても協力をしていきたいと思っています。

また、東京オリンピック・パラリンピックの開催が3年後となり、ラグビーワールドカップは2年後となります。今後ますますスポーツ・運動に対する関心は強くなり、大会後のレガシーをどうするのかの議論も盛んになってくると思います。本体育協会としても、これを機会に心身ともに健康な市民を育むために何ができるかを考え、議論をしていきたいと思います。

江島 紘 会長

今年度、本体育協会が取り組もうと考えている主なものを次に示したいと思います。

 

1.スポーツ・運動の持つ楽しさ、価値を多くの市民の皆様に知ってもらい、スポーツをすることの楽しさ、汗を流すことの心地よさを味わってもらうために、各種の大会や教室をより充実させていくことが必要と思います。市民のスポーツニーズは男女間や各世代により違うわけですが、スポーツ・運動を楽しむ人をより一層多くしていくことが大切と考えます。

 

2.スポーツ・運動を行うには、場所、時間、人が大切です。それをスポーツ・運動環境と考えるならば、施設の充実、指導者の育成が大きな課題となります。これらのことは体育協会だけではできませんので、行政や他団体との連携、協力が大切となります。指導者の育成に関しては国や県との協力や大学との連携のもとに講習会や講演等の充実をはかる必要があると思います。

 

3.市民のスポーツ・運動への取り組みを広げるだけでなく、高い能力や技能を持った人達への支援を考える必要があります。種目協会と協力し選手を育て、発掘し支援する組織をつくるようにしたいと思います。

 

4.体育協会は万人のスポーツを表明していますが、障害を持った方々に対するスポーツ・運動へのニーズを的確にとらえ、スポーツ・運動をする機会を多くしていくように他団体や行政と手を携えていきたいと思います。

 

5.社会が複雑化し人々の価値観が多様化している今日、体育協会だけで行う事業には限界があります。スポーツイベントも多くの人に参加してもらい、楽しみ喜んでもらう魅力あるものにするためには、他団体と一体となって取り組む必要があると思っています。そのためにいろいろな工夫をしていくつもりです。

 

6.私たちの事業や考えを多くの方々に知ってもらい、理解してもらうためには広報の充実を図らなければならないと考えています。今までの「スポーツおだわら」だけでなくホームページをリニューアルし、より一層ITを利用した広報の充実を考えていきます。

 

以上、本体育協会の考えを述べさせてもらいましたが、今まで以上に努力をし、内容を充実させた協会としていきたいと思います。皆様のご指導ご鞭撻をお願いするものです。

平成29年6月

公益財団法人小田原市体育協会

会長 江島 紘

ページのトップに戻る↑

沿 革

1946年(昭和21年)

7月 小田原体育連盟の発足


小田原市内の競技5協会をもって発足される

1948年(昭和23年)

8月 小田原体育連盟規約制定


小田原市及び近郷における下の協会並びに同加盟22の体育団体をもって構成される

1982年(昭和57年)

4月 小田原市体育協会として発展


小田原市内のスポーツ、地域、レクリエーション関係の56団体とスポーツ少年団が大同団結し、体育協会として結成される

1993年(平成 5年)

4月 財団法人小田原市体育協会として新たに発足


小田原市内の競技団体19、地域団体25、レクリエーション団体8をもって構成され、その他31スポーツ少年団の指導、育成をはかる

2013年(平成25年)

4月 公益財団法人小田原市体育協会へ移行


公益法人制度改革関連3法の施行に伴い、公益財団法人へ移行

ページのトップに戻る↑

加盟団体

公益財団法人 小田原市体育協会に加盟していただいている団体の紹介です。

加盟団体の

一覧を見る>

ページのトップに戻る↑

スポーツ少年団

小田原市スポーツ少年団では、スポーツ活動を通じて青少年の健全育成を図ることを目的とし、各種事業を開催しております。現在、6種目21団体が登録し、指導者・団員約300名以上が活動しています。

スポーツ少年団について

詳しく見る>

ページのトップに戻る↑

賛助会員

小田原市体育協会は、平成5年4月に財団法人として再スタートいたしました。スポーツやレクリエーションをとおし、健康で生き生きとした毎日を過ごすことができるようなまちづくりをめざしています。

これらの事業は、主に市の補助金で行っておりますが、さらに多くの事業を行っていくための財政的な援助をしてくださる賛助会員を募集しています。

賛助会員について

詳しく見る>

ページのトップに戻る↑

アクセス

250-0866

神奈川県小田原市中曽根263番地

小田原市総合文化体育館・小田原アリーナ内

公益財団法人 小田原市体育協会 事務局

 

<電話> 0465-38-3310

<FAX> 0465-38-1202

<メールアドレス>

下記メールアドレスは、サイトへのスパムメール等の防止対策としてメールアドレスの一部を「アットマーク」という文言に変えてあります。

お手数ですが、ご連絡の際は「アットマーク」を「@」に書き換えてください。

odawara-taikyoアットマークa-net.email.ne.jp

<電車でお越しの場合>

  •  小田急線 富水駅より徒歩 約10分
  •  

<車でお越しの場合>

  • 小田原厚木道路 小田原東I.C.より約2km 約6分
  • 東名高速道路 大井松田I.C.より約6km 約15分

ページのトップに戻る↑

© 2007 Odawara Sports Association All Rights reserved.