公益財団法人小田原市体育協会
トップ イベント大会参加者募集 [第69回小田原市民総合体育大会開催要項] 詳細
トップページへ戻る

第69回小田原市民総合大会開催要項

 
1 趣  旨 スポーツを愛好する多くの市民に、日ごろの錬成の成果を発揮する機会を提供し、心身の健全な育成と競技力の向上を図るとともに、各地区民の相互の親睦と明るい市民生活の向上に寄与する。
     
2 主  催 公益財団法人小田原市体育協会
     
3 後  援 小田原市
     
4 期  日
開会式   平成29年7月12日(水)
競 技   平成29年7月17日(月)・22日(土)・23日(日)・30日(日)
     
     

日程表 ダウンロード [81KB]

陸上競技 競技順序表・陸上競技場応援席図 ダウンロード [177KB]

水泳 競技順序表 ダウンロード [115KB]

陸上競技場応援席図・トーナメント組合合わせ抽選結果 ダウンロード [376KB]

大会結果表(途中経過) ダウンロード [108KB]

得点表(途中経過) ダウンロード [4090KB]

     
5 実施競技 <地区対抗競技>
軟式野球ソフトボールサッカーバスケットボールソフトテニス
バドミントン卓球バレーボール剣道弓道射撃陸上競技水泳
ペタンクゴルフ
<地区対抗オープン競技>
テニス
<オープン競技>
インディアカゲートボール柔道
     

申込書(xls) ダウンロード [337KB]
※申込書には全19種目の申込、参加種目一覧、地区ゼッケン番号表、選手変更、陸上競技選手変更が含まれております。
※2017年5月29日:申込書に訂正がありました。大変お手数ですが、既にダウンロードした方は再ダウンロードして記入し直して下さい。

     
6 競技方法
(1) 地区対抗競技とし、団体競技については各地区1チームとする(オープン競技を除く)。
(2) 本要項に規定されている条項以外は、各競技組織で制定されている平成29年度競技規則及び各競技協会申し合わせ事項による。
     
7 参加資格
(1) 本市に平成29年6月1日以前から引き続き居住する者。
(2) 選手は居住する地区(住民登録地)から出場する(地区体育振興会単位)。ただし、地区体育振興会が一部交錯する地区においては、自治会連合会単位とする。
(3) 市外に居住する大学生、専門学生、大学院生については、父母又は保護者が居住している地区から出場できる。(選手登録数の3分の1以下とする)
(4) 年齢計算は、平成29年7月1日現在とする。年齢別種目においては必ず当該年齢から出場すること。
     
8 得点及び順位の決定
(1) 競技別得点は中位を固定し、そこから上位は加点し、下位は減点する偏差値方式とする。
(2) 総合順位は、得点の多い順とする。ただし、同点の場合は上位成績の多い地区を上位とする。
(3) 雨天等によって大会開催に支障をきたしたときは、いずれか1日の全日程を終了した場合のみ、その時点で得点をわける。トーナメント以外の競技では、2分の1以上が終了していればその時点で順位を決める。それ以外の場合は、参加チームに参加点2点を与える。
(4) 2種別以上の競技の順位の決定は、得点合計の多い順とする。
(5) 参加チーム数によっては、各競技の優勝チームを2チームにするような組み合わせを作成する場合もありうる。
     
9 表  彰
(1) 総合優勝地区に優勝旗・総合優勝杯、2位に総合準優勝杯、3位に総合3位杯を授与する(持ち回り)。また、6位までに賞状を授与する。
(2) 各競技ごとに優勝杯を授与する(持ち回り)。3位までに賞状を授与する。また、個人競技(陸上競技・水泳・ゴルフ)の3位までに賞状を授与する。
(3) 3年連続総合優勝した地区には盾を授与する。
(4) 種目ごとに10年連続優勝した地区には盾を授与する。
     
10 申し込み 参加申込書(一覧表)及び選手名簿は 6月20日(火)17時まで に体育協会事務局へ提出すること。
     
11 代表者会議及び組み合わせ抽選 7月4日(火)19時から 小田原アリーナ・研修室
     
12 失格事項 すべての競技において出場資格のない者が発見された場合は、発見時をもって失格とし、それ以前の試合にはさかのぼらず、発覚後は個人競技も含め失格地区の対象競技への参加を認めない。失格した競技の地区得点は0点とする。
陸上、水泳においては最終種目、その他の種目は最終試合終了時を競技会成立とし、その後のクレーム等は一切認められない。
     
13 注意事項
(1) 登録メンバー以外の出場は認めない。ただし、メンバー変更については、各競技の規定による。メンバー変更以外、当日の追加選手は認めない。
(2) 申し込み締切り後の追加申込は一切受付けない。
(3) 資格問題及び審判上の問題の異議の申し立ては、各チームの監督から明確な根拠をもって主管協会運営本部に行うこと。資格問題の決定は主催者が行う。
(4) 試合時刻に集合しない者は棄権とみなす。
(5) 参加選手は、各競技規定に示されたゼッケンを必ずつけること。監督が選手を兼ねる場合は、規定の選手以内で選手としての申し込みをすること。
(6) 当日棄権をする場合は、競技開始30分以前に大会本部に連絡をすること。
     
14 その他
(1) スポンサー名(企業名)が入ったユニフォームの着用を認める。
 
 

軟式野球

日時 7月23日・30日 競技開始 8:30
試合開始予定30分前に集合
会場 酒匂川スポーツ広場
試合方法 トーナメント7回戦(正式試合5回)とし、1時間30分を過ぎて新しいイニングに入らない。ただし勝っている後攻チームが攻撃している場合、1時間30分の時点で終了する。
勝敗のつかない時は、チーム代表1人の抽選による。
得点差によるコールドゲームは、5回以降7点差とする。
試合球 ニューA号
選手登録 監督1名、選手17名以内。
両日の選手変更を認める。ただし各8名以内とする。
服装
(1) 運動に適する服装とする。運動靴(スパイク)、野球帽子着用。
(2) 背番号は必ず着用し、0〜30番を使用する。ただし、監督は30番、主将は10番とする。
注意事項
(1) 高校・大学の硬式野球部員及び中学生以下は参加できない。
(2) 打者・走者のヘルメットの着用。(最低5個必要)

ソフトボール

日時 7月23日・30日 競技開始 9:00
試合開始予定30分前に集合
会場 酒匂川スポーツ広場
試合方法 『2017年度(公財)日本ソフトボール協会オフィシャルルールを適用する』
トーナメント、7回戦。70分で新しいイニングに入らない。初日雨天時の場合は、50分までとする。
3回15点、4回10点、5回以降7点以上の差が生じた時は、得点差コールドゲームとする。
70分を過ぎて同点のときは、2回のみタイブレーカーとし、勝敗のつかないときは、出場している選手9人の抽選による。
抗議は、監督・主将のみとする。
選手登録 監督1名、選手17名以内。監督・コーチが選手を兼ねる場合は選手欄に記入する。
両日の選手変更を認める。ただし各8名以内とする。
服装
(1) 運動に適する服装とする。運動靴、スパイク(金属は除く)、ヘルメット並びに野球帽子、プロテクター(捕手)を着用のこと。
(2) 胸に地区名を入れたゼッケンを付ける。
(3) ユニフォームナンバーは、背中と胸下につける。選手は1〜99番、監督は30番、コーチは31番・32番、主将は10番とする。
注意事項
(1) 中学生以下及び女子の出場は認めない。
(2) 試合開始時刻に9人が揃わない場合は、7対0で負けとする。
(3) 土堤には、駐車しないこと。〈「ドクターヘリ」が来ることがあるため〉

サッカー

日時 7月23日・30日 競技開始 9:00
試合開始予定30分前に集合
会場 酒匂川スポーツ広場
試合方法 トーナメント、25分ハーフ 初日が雨天時の場合は、15分ハーフとする。
同点の場合は、PK5本ずつで決定する。
選手登録 監督1名、選手11名以上17名以内で中学生(顧問、保護者の承諾を得た者に限る)以上とする。
両日の選手変更を認める。ただし各8名以内とする。選手交代の人数は自由とする。
ただし一度退いた者は再びゲームに出場することはできない。
服装
(1) 各チームは同色のユニフォームとし、すねあてを必ず着用すること。
(2) ユニフォームとは上下(シャツ・パンツ)とストッキング(ソックス)をいう。
(3) 必ず背番号を縫い付ける。
(4) 必ず地区名の入ったゼッケンを付ける。
注意事項
(1) メンバー表は、試合開始30分前に本部に提出すること。
(2) ゴールキーパー以外の選手のタイツ着用は認めない。
(3) 試合開始時刻に遅れたチーム(レッドカードでの出場停止も含む)は失格とする。
(4) 競技者数は11人以下7名以上うちゴールキーパー1名で試合成立とする。
(5) 審判は帯同制とし、試合を棄権した場合でも、予め決められた試合の審判は行なうものとする。

バスケットボール

日時 7月23日・30日 競技開始 9:00
集合は、第1試合のチームは午前8時30分、第2試合以降のチームは前の試合のハーフタイム終了まで
会場 小田原アリーナ(23日:メインアリーナ 30日:サブアリーナ)
試合方法 トーナメント、7分クォーター
試合球 7号球
選手登録 監督1名、選手15名以内。
両日の選手変更を認める。ただし各6名以内とする。
服装
(1) ユニフォーム(シャツ・パンツ)は、日本バスケットボール協会が定める競技規則によるが、濃淡2色が揃わない場合、相手チームと混同しない色であれば1色でも構わない。
(2) パンツは、チーム内で統一されてなくても良い。
(3) シャツの前と後ろの見やすい位置に、4〜99の番号を付けること。
注意事項
(1) テーブルオフィシャルズは、帯同制とする。

ソフトテニス

日時 7月23日 集合 9:00 競技開始 9:30
雨天等で延期の場合は7月30日
会場 小田原テニスガーデン
試合方法 リーグ戦、男子2ペア・女子1ペアの計3ペア。(2ペアでも出場可。)
試合順序は、男子・女子・男子とする。
ただし、男子に代わり女子の出場可。女子に代わり70歳以上の男子出場可。
2ペア勝ったチームを勝者とする。
オーダーは、各試合ごとに変更できる。
選手登録 監督1名、選手男子6名・女子4名以内。
当日の選手変更を認める。ただし4名以内とする。
注意事項
(1) 必ず地区名のゼッケンを背中に付ける。
(2) 上記以外は、平成29年度(公財)日本ソフトテニス連盟ソフトテニスハンドブックにより行う。(原則)

バドミントン

日時 7月30日 集合 8:30 競技開始 9:00
会場 小田原アリーナ(メインアリーナ)
試合方法 試合は3種目によるトーナメント方式。
男子複、女子複、混合複の順番で行い、どの種目の2種目でも試合は成立するが、選手は種目を兼ねられない。
決勝戦を除き勝敗決定後も全試合を行うが、試合の進行上打ち切る場合もある。
各種目とも21ポイント3ゲームで行い、その他のルールは現行の日本バドミントン協会の競技規則による。
選手登録 監督1名、選手男子4名・女子4名以内とする。(ただし、監督を除き最低でも上記のうち2種目が成立する人数で登録する)
当日の選手変更を認める。ただし3名以内とする。
注意事項
(1) 服装は日本バドミントン協会指定のものを着用することを原則とするが、大会ルールとしてTシャツを認める。
(2) 審判は相互審判制とする。
(3) 地区名のゼッケンを付けること。

卓 球

日時 7月30日 集合 8:30 競技開始 9:00
会場 小田原アリーナ(メインアリーナ)
試合方法 団体戦(単3試合・複2試合)
予選リーグ・各リーグ上位2チームにより決勝トーナメントを行う
(1)60歳以上単(男女問わず)(2)男子単(3)混合複(4)女子単(5)男子複の順で実施する。男女とも重複出場は不可とする。
試合は11本ゲーム5セットとし、予選リーグは勝敗が決しても全ての試合は5番まで行う。ただし、勝敗の得失点は、試合が決した時点とする。
決勝トーナメントは3点先取した時点で終了とする。
試合球 プラスチック40mmボール
選手登録 監督1名、選手11名以内(男子6名、女子3名、60歳以上2名)とする。
当日の選手変更は3名以内とする。
男子の部に女子の参加を認める。ただし、事前に選手登録の際に登録すること。また、選手変更があった場合も同様とする。
男子の部に登録された女子選手は、女子の部に出場できない。
注意事項
(1) ゼッケンは上段に選手名、下段に地区名を記入し、背に必ず付けること。
(2) 選手登録は11名以内で、試合は7名が必要であるが、7名が揃わない場合は3試合が成立する人数3名が必要である。
(3) ユニフォームは同色系が望ましいが、揃わない場合はこの限りではない。

バレーボール

日時 7月23日 集合 8:30 競技開始 9:00
会場 男子:小田原アリーナ(メインアリーナ)
女子:小田原アリーナ(サブアリーナ)
試合方法 トーナメント 9人制
ネットの高さ 男子2.38m  女子 2.15m
試合球 5号
選手登録 監督1名、コーチ1名、マネージャー1名、選手15名以内。
当日の選手変更を認めるが、開始式終了までとする。
注意事項
(1) 競技者のユニフォームには1〜99の番号を付ける。番号は、胸部(縦10p以上)背部(縦15p以上)の中央に糸で縫い付ける。地区名は表示しなくてもよい。安全ピンによる取り付けはしないこと。
(2) 主将は、胸にユニフォームと異なった色で長さ8p幅2pのマークを付ける。
(3) 監督章・コーチ章・マネージャー章は各チームで用意し、左胸部に付ける。
(4) 競技者のユニフォームは、基本的に上下とも統一された色を用いる。ただし、色の統一ができない場合は、
@上のユニフォームは統一した色とする。
A下(パンツ)は不統一で良い。
(5) チームの構成員(監督、コーチ、マネージャー、選手)は、男女間で重複エントリーできない。
(6) 上記以外の規則については、JVAが規定する2017年度版9人制バレーボール競技規則によるものとする。

剣 道

日時 7月23日 集合 9:00 競技開始 9:30
会場 小田原スポーツ会館
試合方法 予選リーグ・決勝トーナメント(参加チーム数により変更あり)
1チーム選手3名(3段以下)の団体戦とする。
試合時間は、3分間3本勝負とし、時間内に決しないときは引き分けとする。
チームの勝敗は勝者の多い方とする。勝者が同数のときは勝本数の多い方を勝ちとし、これも同数のときは代表者戦を行う。代表者戦は最後に引き分けたポジションの選手によって行う。
試合は1本勝負とし勝負の決するまで行う。
選手登録 監督1名、選手3名。選手2名編成でも可。男女問わず出場できる。
選手編成は、先鋒:小学生 中堅:中学生 大将:高校生・大学生・一般とする。
選手の変更は、当日の受付のときに限り認める。
オーダー変更は認めない。(全試合同じメンバーで行う)
注意事項
(1) 出場選手は必ず垂に地区名及び名前を記入する。(チョーク可)

弓 道

日時 7月23日 集合 9:30 競技開始 10:00
会場 城内弓道場
試合方法 毎回チーム3人(2人でも可)で、各自2射のリーグ方式、勝1点、引き分け0.5点、負け0点。順位決定は得点による。同点の場合は勝数の多い方を上位とする。
なお同順位の場合は、的中数の多い方を上位とする。
射距離28m、的36p
選手登録 監督1名、選手4名以内。2名でも可。
当日の選手変更を認める。ただし2名以内とする。

射 撃

日時 7月23日(日) 集合 8:30 競技開始 9:00
会場 神奈川大井射撃場
試合方法 トラップ射撃、15枚撃ち追矢有り(国際ルール)
高得点試合、団体戦、選手2名の合計得点で順位を決める。
(1) 全ての順位で同点の場合、各地区1名ずつで、一発撃ちのシュートオフで順位を決定する。
選手登録 監督1名、選手3名以内(2名でも監督兼任可能)
当日の選手変更を認める。ただし2名選手時は1名変更可能。3名選手時は2名変更可能とする。(受付に変更届を提出する事)
選手2名以上で資格あり。(選手1名以下資格なしとする)
注意事項

銃の所持許可が、小田原市在住の者に限る。

(1) 弾代(自己負担)
(2) クレー代(無料)
(3) 猟銃所持許可証・猟銃用火薬類等譲受許可証を携帯すること。
(4) 氏名、住所、電話、猟銃所持許可証番号を射撃場に提出します。
(5) 射撃場使用料(保険・設備費)1000円は選手の自己負担になります。

陸上競技

日時 7月23日 競技開始 9:00 雨天決行
会場 城山陸上競技場
競技内容

△小学生の部 <オープン競技>(1種目1名・1チーム)

男子 100m・4×100mリレー
女子 100m・4×100mリレー

△中学生の部(1種目1名)(補欠・男女各2名以内)

男子 100m・400m・3000m(選手1名・オープン参加1名)・4×100mリレー・走幅跳・砲丸投
女子 100m・800m・4×100mリレー・走幅跳・砲丸投

△一般の部(1種目1名)

男子高校生以上40歳未満(補欠・3名以内) 100m・200m・400m・800m・1500m・走幅跳・走高跳・砲丸投
男子40歳以上(補欠・1名以内) 100m・1500m・走幅跳・砲丸投
男子年齢制限なし(中学生を除く) 5000m・4×100mリレー
女子高校生以上(補欠・2名以内) 100m・200m・4×100mリレー・走幅跳・走高跳・砲丸投
女子年齢制限なし(中学生以上) 3000m
小学生の部注意事項
(1) すべてオープン競技とする。
(2) 参加は5年生以上とする。
(3) 100mは各地区1名とし事前申し込みとするが当日の変更を認める。
変更は午前8時30分までに行うこと。
(4) 4×100mリレーは各地区男女1チームとし事前申込とするがオーダー用紙を最終とする。
競技時間の1時間前までにリレーオーダー用紙を招集所へ提出すること。
男女混合チームも認めるが参加は男子の部とする。
中学生・一般の部注意事項
(1) 地区の受付は午前8時30分までに監督が行う。
(2) 選手の変更は午前8時30分まで補欠登録者のみ認める。各部の補欠登録者の人数は、上記の範囲内とし、登録者の出場できる種目は1種目とする。正選手の補欠登録は不可。
(3) 選手登録は全種目を通じて一人2種目以内とする。ただし、リレーは除く。
(4) 砲丸は、中学生男子は4s、中学生女子は2.72s、一般男子40歳未満は6s、一般男子40歳以上は5s、一般女子は4sを使用する。
(5) 得点は、各種目1位8点、以下1点減とし、8位が1点とする。
ただし、競技方式とする。各地区の順位は、一般と中学生の合計点で決める。
ただし、年齢別種目(男子40歳以上)に年齢未達成者が出場すると陸上競技種目の得点は0点とする。
(6) 選手は各競技開始時刻30分前から20分前まで招集所に集合し、招集所を離れない。招集に遅れた者は棄権とみなす。
(7) 招集所での受付は本人確認を行い、あわせてナンバーカード、スパイクを確認する。また、腰ナンバーを受け取り、右腰やや後方に取付け、競技終了後直ちに返却すること。
(8) 招集所から競技場内への移動は、必ず競技者係の指示に従うこと。
(9) 選手は、胸、背に地区名と番号(上段に地区名、下段に番号)のナンバーカードを付けること。(跳躍競技では、ナンバーカードを胸か背に付けるだけでよい)
(10) 申込は、一覧表(氏名、年齢、住所、職業等を必ず記入)及び個票(地区番号を記入)に氏名を正確に、男子は黒字、女子は赤字で記入すること。
リレーは、リレー個票に記入すること。
(11) スパイクを使用する場合は全天候型専用針(針長さ7o以下)に限る。
(12) トラック種目については、予選を行わずタイムレース決勝とする。
(13) 中学生男子3000mは、オープン参加者が同じ地区の選手より早い順位でフィニッシュしても、その地区の着順は選手の着順とする。
競技順序表 陸上競技 競技順序表・陸上競技場応援席図 ダウンロード [177KB]

水 泳

日時 7月30日 集合 8:15 ウォーミングアップ 8:30〜8:50 競技開始 9:00
原則、雨天でも実施するが、雷が伴う場合には、状況により中止する場合もある。
会場 御幸の浜プール
競技方法 全ての競技種目はタイムレース決勝とする。
得点方法
(1) 各種目、1位7点、2位5点、以下順次1点差とし、その得点合計(総合得点)で地区順位を決定する。
(2) 総合得点が同じ場合は、@リレーによる得点の多い地区、A1位の数の多い地区、B入賞者数の多い地区、の順で総合順位を決定する。
(3) 同種目の異なるレース組において同タイムが発生した場合には、当該両順位の点数を足して按分した得点とする。
種目
  年 齢 自由形 平 泳 背 泳 バタフライ メドレーリレー 個人メドレー リレー
男子 一般
(中学生以上)
50m 100m 50m 100m 50m 100m 50m 100m 200m 200m 200m
30歳以上 50m 100m 50m 100m 50m 50m      
40歳以上 50m 50m 50m 50m      
女子 一般
(中学生以上)
50m 100m 50m 100m 50m 50m 200m   200m
30歳以上 50m 50m 50m 50m      
40歳以上 50m 50m 50m 50m      
申込規定
(1) 1人2種目以内とする。ただしリレー種目を含めない。
(2) 1地区1種目3名以内とする。
注意事項
(1) 監督者(責任者)は、8:30までに受付所で受付を済ませ、8:45から行われる「監督者打合せ」に出席すること。
(2) 棄権がある場合には、「棄権申告書」(受付で配布)を直ちに受付へ提出すること。
(3) リレーオーダー用紙(受付で配布)は、200mメドレーリレーを8:50までに、200mリレーは11時までに提出すること。
(4) 選手は、収集通告後直ちに召集所に集合し、召集チェックを受けること。召集チェックを受けない選手はレースに出場できないものとする。
競技順序表 競技順序表 ダウンロード [115KB]

ペタンク

日時 7月23日 集合 8:30 競技開始 9:00
雨天等で延期の場合は7月30日
会場 豊川小学校グラウンド
チーム編成 1チーム2名で3チームを編成
試合方法
(1) ダブルスで3チーム同時に行い、予選・決勝とも11点先取、時間制限なし。2勝したチームを勝とする。
ただし、女子は常時1名以上試合に出場すること。
(2) 各ブロックごとに予選リーグを行い、勝率、得失点の順で上位1チームが決勝トーナメントに進む。
予選リーグの順位も勝率、得失点の順で決めるが、得失点も同じ場合は代表者1名による「寄せ」を行う。
(3) その他の競技規則は、日本ペタンク・ブール連盟競技規則に準ずる。
選手登録 監督1名、選手8名以内。(女子は必ず1名以上とする。)
なお、監督が選手を兼ねることができる。ただし、選手登録しない限り出場は不可。
競技者は6名。選手の組合せは自由。(試合ごとに変えてもよい。また、選手中に常時女子を1名以上入れること。)
当日の選手変更は3名まで認める。選手変更は競技開始までに受付に申し出る。
注意事項
(1) 試合開始時刻に6人が揃わない場合は、棄権とみなす。
(2) 地区名のゼッケンを胸に付けること。
(3) 各自ボールを持参すること。ボールのない地区は体育協会へ申し出ること。
(4) メジャーの持参(ない場合は、協会へ当日申し出る)

ゴルフ

日時 7月17日 集合 8:10 競技開始 8:40 雨天決行
会場 小田原湯本カントリークラブ
チーム編成 監督1名、選手4名。(監督が選手を兼ねることは可)
競技方法 1チーム4名による団体戦とし、選手各人18ホールストローク、スクラッチプレーで行う。
順位は、4名のうちベスト3名のスコア合計により決定する。
その他
(1) 参加プレー費は、各自負担。(キャディー付、食事なし 13,500円)
(2) 参加チームには、「ゴルフ競技実施要項」を配付する。
(3) 団体3位まで表彰する。また、スコア上位者個人も表彰する。
(4) その他詳しい開催要項はこちらから。
競技規則 主なもの(詳細は、大会実施要項を参照)
日本ゴルフ協会ゴルフ規則及びコースローカルルール(一部変更)による。
(1) 使用テイーは、男性青マーク、女性白マークとする。
(2) スコアは指定のスコアカードに記入し、ラウンド終了後同伴者のアテストを受けて提出する。
(3) 当日欠席があっても、3名以上参加であれば、失格としない。

テニス(地区対抗オープン競技)

日時 7月22日 集合 9:00 競技開始 9:30
雨天等で延期の場合は7月30日
会場 小田原テニスガーデン
試合方法
(1) トーナメント方式で、男子2組・女子1組、計3組(ただし、2組の出場も可とする)のダブルスの対抗戦とし、2組勝ったチームを勝ちとする。
(2) 6−6、7ポイントタイブレーク方式の1セットの試合。(Ad方式)
(3) 3組の対抗戦すべてを行う。
選手登録 監督1名、男子5名・女子3名以内。(監督が選手を兼ねる場合は、申込書の「監督」欄と「選手」欄の双方に記入すること)
当日の選手変更を認める。ただし3名以内とする。
注意事項
(1) オープン競技とし、地区対抗の得点対象にはならない。
(2) 必ず地区名のゼッケンを背中に付けること。
(3) テニスウェアー着用のこと。その他は“17テニスルールブック”に準拠する。

インディアカ(オープン競技)

日時 7月22日 集合 8:45 競技開始 9:30
会場 小田原アリーナ(サブアリーナ)
試合方法
(1) 男子・女子の2部に分けて行う。
(2) 予選は各ブロックごとに亀甲型の予選リ−グを行い、上位2チームが決勝トーナメントに進む。
(3) 試合は全てラリーポイント制で行い、予選は21点先取の3セットマッチでジュースはなし。決勝ト−ナメントは21点1セットマッチで行い、互いに20点を得た後は、2点を勝ち越したチームを勝者とする。
(4) 予選ブロックの順位は、下記に従って決定する。
@ 勝ち試合数の多いチームを上位とする。
A @ が同じの時は得失セット差の大きいチームを上位とする。
B A が同じの時は得失点差の大きいチームを上位とする。
C B が同じの時は得失点差の大きいチームを上位とする。
(但し1、2位の順位は、代表1名のトスで決定する)
(5) その他については、日本インディアカ協会競技規則によって行う。
選手登録 監督1名、選手6名以内。競技者は4名。
募集チーム 男子・女子各30チーム
注意事項
(1) オープン競技とし、地区対抗の得点対象にはならない。
(2) 参加希望者は、6月20日(火)までに(公財)小田原市体育協会に直接申し込むこと。申込用紙は、体育協会(小田原アリーナ内)にあり。

ゲートボール(オープン競技)

日時 7月22日 受付 8:15 競技開始 9:00
雨天等で延期の場合は7月23日
会場 酒匂川スポーツ広場
チーム編成 競技者は5名から7名とする(うち1名を主将とする)
試合方法
(1) 本大会の申し合わせにより、出場チームは、3回戦を行い、決勝トーナメントは行わない。
(2) 棄権チームが出た場合は、対戦チームは第1ゲート通しを行い、通過球1球につき2点を与える。
(3) 没収試合が出た場合は、対戦チームに勝点5点を与える。
(4) 同位、同点の場合は、第1ゲート通しで勝敗を決める。
(5) その他競技規則は、J.G.U公式競技規則及び審判実施要項並びに本大会申し合わせ事項による。
競技時間 1競技30分、インターバルは10〜15分とする。
成績決定法 全チーム3回戦の総合成績により、順位の決定を行う。
ただし、同位、同点の場合は総合得点の多いほうが上位とする。
募集チーム 20チーム
注意事項
(1) オープン競技とし、地区対抗の得点対象にはならない。
(2) 参加希望者は、6月20日(火)までに(公財)小田原市体育協会に直接申し込むこと。申込用紙は、体育協会(小田原アリーナ内)にあり。

柔道(オープン競技)

日時 7月30日 集合 13:00 競技開始 13:30
会場 小田原スポーツ会館・柔道場
試合形式 個人戦とし、参加者に応じて、適宜「トーナメント」ないし「リーグ戦」方式とする。
ルール 国際柔道試合審判規則および当日の申し合わせ事項による。
選手登録 男子有段者(高校生以下を除く)
競技時間 3分間
募集人数 制限なし
注意事項
(1) オープン競技とし、地区対抗の得点対象にはならない。
(2) 参加希望者は、6月20日(火)までに(公財)小田原市体育協会に直接申し込むこと。申込用紙は、体育協会(小田原アリーナ内)にあり。
 

第69回小田原市民総合体育大会申込書

※申込書には全19種目の申込、参加種目一覧、地区ゼッケン番号表、選手変更、陸上競技選手変更が含まれております。
※2017年5月29日:申込書に訂正がありました。大変お手数ですが、既にダウンロードした方は再ダウンロードして記入し直して下さい。

 
このページのトップへ
 
トップページへ戻る
   
Copyright(C)Odawara Amateur Sports Association 2013 Japan,All rights reserved